夜勤が辛くて美容皮膚科の求人を探してみた




美容皮膚科の求人を探してみることに



お肌

以前の職場は人間関係は良かったのですが、夜勤がハードすぎました。まだ20代ということで、体力があって当然と仕事を増やされることも多く、ストレスもすごかったです。もちろん、看護師として働くならば夜勤はあって当たり前とはわかっていましたが、病棟勤務で疲れ果てていました。そこで、前から憧れていた美容皮膚科 の求人を探してみることにしました。逃げの転職ではなく、やりたくことをするための転職ということで、真剣に探しました。


求人 美容皮膚科


知られずに仕事を探したい



クリスマス

もともとアトピー肌で皮膚領域の医学には興味を持っていましたし、皮膚のことでコンプレックスを持っている患者さんと接してみたいという気持ちもありました。美容皮膚科だと夜勤もほとんどないということも大きかったですが、皮膚関係、それも患者さんの気持ちに寄り添えるような看護がしたいという気持ちから挑戦してみることにしました。まず苦労したのは仕事探しです。初めての転職でしたし、なるべく今の職場には知られずに仕事を探したいということで、ネットの転職サイトを使って探すことにしました。いくつか美容系の看護の仕事の紹介を得意としているサイトに登録しておいて、良さそうな職場があったら当たりをつけて検討していくようにしました。




転職希望先の職場では



心配している猫

最終的に絞り込んだのは2件で、患者さんに対してどのような方針で治療をしているのか、給料は今の職場に比べて下がりすぎないか、自分の能力で対応できるか、ということで選びました。自分の能力に対しては、今までの仕事が形成外科だったので対応できるかどうかかなり不安がありました。看護資格をとっているといっても、皮膚中心に勉強していたわけではなかったので、仕事に慣れることができるかどうかは不安がありました。よく調べてみると、看護師のスキルよりも接客業やコミュニケーション能力が求められるということだったので、それならば今まで患者さんと接してきたスキルを使って対処できると思いました。また、転職希望先の職場では新人に対して研修もしているということだったので、わからないことはそこで覚えれば良いということで覚悟を決めました。

つづき 面接の当日を迎えました

みやた皮膚科クリニック